« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月28日 (木)

学校評価会議&パートナーシップ事業推進会議(9/28)

「学校評価会議」兼「地域と学校パートナーシップ事業推進会議」が開催されました。

学校の取組を説明し、さまざまな角度からご意見をちょうだいしました。

どのご意見も学校への温かな激励と支援の気持ちに満ちあふれていて、職員一同胸を熱くしました。

これからも地域とともにある学校として、地域を大切にする気持ちをはぐくんでいきます。

Img_2918

新人戦激励会(9/27)

新人大会は、陸上が9月29日、他の競技は10月6日に行われます。

3年生が引退し、1・2年生だけで戦います。

激励会では、新キャプテンが大会の抱負を述べ、選手宣誓をしました。

入退場の音楽を演奏する吹奏楽部もまた、1・2年生のみの編成でした。

廊下で入場を待っているとき、選手はとても緊張していたようですが、引退した3年生の大きな応援の声に励まされ、立派にお披露目を果たしました。

校長先生からは「挑戦」と「声を出してリズムをつかむ」「もうだめだ!と思う向こうに道がある」という言葉が選手に贈られました。

Img_4206_1024x768

Img_4221_1024x768

Img_2879_1024x768

Img_2899_1024x768

Img_4200_1024x768

環境と人間のふれあい館訪問(9/26)

1年生が福島潟にある「環境と人間のふれあい館」を訪問し、新潟水俣病の学習をしました。

語り部の小武節子さんのお話では、メモをとる手が止まらない様子が見られました。

教育委員会が新潟水俣病教育DVDを制作するということで、取材も行われました。

「人権教育」「環境教育」の一環として、今後さらに学習を深めていきます。

Img_2852_1024x768

Img_1458_1024x768

Img_1467_1024x768

2017年9月25日 (月)

NIE講話(9/25)

3年生の社会科で、新潟日報社の方が講師に来られ、「活字とデジタル」の違いについて講話をしてくださいました。

パソコンの画面上では誤字脱字は見つけにくいので、紙に印刷して校正していること。

デジタルと活字とは使う脳の部位が違うこと。

文字情報から自分の想像力を広げるために読書は欠かせないこと。画像に慣れすぎると、想像力が育たないこと。

十分経験を積んだ大人は、デジタル情報を使いこなせるが、子どもはむずかしいこと。

アップル社を創立したジョブズは、自分の子供たちにiphone等の通信機器を持たせていなかったこと。

ネットでわからないことを検索するのと、辞典で調べるのとでは、後者の方がセレンディピティ(予期せぬ出会い)が期待できること。

行き詰まったときの打開策は、そのセレンディピティにあることが多いこと。

などなど、深くうなずかされることが多くありました。

この講話を機に、生徒たちは活字の大切さに気づき、秋の夜長を読書に親しんでほしいと思います。

Img_2842_1024x768

Img_2844_1024x768

全校朝会で発表(9/25)

市の英語発表会で、学校代表としてスピーチした3年女子が、全校生徒を前にスピーチを披露しました。

この生徒は、障がいをもっている弟を紹介し、差別や偏見のない社会を訴えました。

また、広島平和式典に、新潟市中学生代表として参加してきた3名も学んだことを発表しました。

戦争の恐ろしさと平和のかけがえのなさについて、現地で見聞きしてきたことを力強く訴えました。

加えて、「私の主張大会」「松蔭賞書道展」の表彰もなされました。

校長先生からは「なんでもできるパーフェクトな人はそういない。興味のあることや得意なこと、持ち味を生かして、それぞれの分野で主役になっていこう」というお話がありました。

校長先生がずっとおっしゃっている「持ち味とチャンスを生かす」。

あなたの持ち味はなんですか?

Img_2821_1024x768

Img_2828_1024x768

Img_2838_1024x768

福島潟自然文化祭、はまなす駅伝(9/23)

9月23日は、生徒が地域イベントで活躍した日でした。

一つは、福島潟自然文化祭で北区の中学生が「総踊り」を披露しました。

南浜中からは3年生6名が参加しました。

2回目、3回目の生徒もいます。

夏休み中に、医療福祉大の学生さんから指導を受け、本番に臨みました。

もう一つは、はまなす駅伝です。

これは、地域の「はまなす学会」が主催しているもので、新潟医療福祉大学周辺を駅伝します。

陸上部、サッカー部の有志5チームが参加し、サッカー部の1チームが1位になりました。

今後も、こうした「地域を元気にするイベント」に積極的に参加していきたいと思っています。

Img_8720_1024x683

Img_8724_1024x655

Img_8731_1024x683

Img_8732_1024x683

Dsc_1000_1024x576

2017年9月21日 (木)

全日本学生・ジュニア短歌大会、多くの入賞!(9/16)

全日本学生・ジュニア短歌大会で、昨年度の文部科学大臣賞に続き、今年度も多くの入賞者を輩出することができました。応募総数は4034首でした。

第3位の入賞者は、明治神宮で行われた表彰式に招待され、過日参加してきました。

Dscn0335_1024x506

<東京都教育委員会賞>(第3位)

    サックスを吹く唇は少しだけしびれているんだコンクールまで(3年女子)

<春日いづみ選者賞>(7名の選者が1首ずつ選出)

    母の切る前髪左2センチで少し傾く母との時間(2年女子)

<秀作賞>(34首選出)

    赤ちゃんの匂いはなぜか柔らかな気持ちの時間僕にくれるよ(2年男子)

    二十二時野菜炒めは冷めていく母を待っている五月母の日(2年女子)

    田仕事を毎日見てきた登下校稲の高さが僕を越してく(3年男子)

    六月は秒針よりも雨音が早いリズムを刻む教室(3年女子)

    水田がきらりきらりと発射して五月の夕日と立ち止まる場所(1年女子)

<優良賞>(35首選出)

    背番号74のおさがりの練習着着て兄を超えたい(1年男子)

<奨励賞>(47首選出)

    母さんがアルバムめくるページには幼い僕の時間が待ってる(2年男子)

    喉の奥初めて感じた悲しみはジュンが残した生物の価値(1年男子)

    サッカーのネットを揺らした歓声と砂の匂いと青空がいい(1年男子)

    

第3回書道教室(9/20)

第3回となる書道教室に、15名もの地域の方が参加してくださいました。

講師は和泉校長先生です。

のし袋の表書きを練習する方、ご自分の短歌や俳句を清書なさる方など、それぞれの目的に応じた書を練習なさいました。

和気藹々とした中にも凜と集中して取り組んでおられました。

来月も開催します。

「癒やし」の墨の香に誘われて、どうぞ多くの皆様がお越しくださいますことを願っています。

Img_2775

Img_2779

2017年9月17日 (日)

感動の体育祭!!(9/16)

Dsc_4694_1024x683

Img_2485_1024x768

Img_2527_1024x768

Img_2528_1024x768

Img_2530_1024x768

Img_2558_1024x768

Img_2592

Img_2596_1024x768

Img_2611_1024x768

Img_2637_1024x768

Img_2657_1024x768

Img_2673_1024x768

Img_2730_1024x768

Img_2766_1024x768

Img_4156_1024x768

Img_0316_1024x768

例年より2週間遅らせた体育祭。

さわやかな秋晴れのもと、大勢のご来賓・保護者・地域の皆様にご来校いただき、生徒たちは競技・応援・自分の係分担など、熱く燃えることができた1日でした。

特に、今年から取り入れた「新潟甚句」では、地域の方や生徒のご家族が大勢参加してくださいました。

幼い弟や妹の手を引いて踊る生徒の姿や、「お久しぶり、懐かしいわ~」と手を取り合って再会を喜ぶ地域の方々のお姿が見られ、地域とともにある南浜中学校の面目躍如といったところです。

Dsc_4642_1024x683

Dsc_4687_1024x683

Img_0045_1024x768

Img_4081_1024x768

2017年9月16日 (土)

体育祭、予定どおり実施(9/16)

本日の体育祭は、予定どおり実施します。

9時開会です。

大勢の保護者・地域の皆様のご来校をお待ちしております。