« 第3回書道教室(9/20) | メイン | 福島潟自然文化祭、はまなす駅伝(9/23) »

2017年9月21日 (木)

全日本学生・ジュニア短歌大会、多くの入賞!(9/16)

全日本学生・ジュニア短歌大会で、昨年度の文部科学大臣賞に続き、今年度も多くの入賞者を輩出することができました。応募総数は4034首でした。

第3位の入賞者は、明治神宮で行われた表彰式に招待され、過日参加してきました。

Dscn0335_1024x506

<東京都教育委員会賞>(第3位)

    サックスを吹く唇は少しだけしびれているんだコンクールまで(3年女子)

<春日いづみ選者賞>(7名の選者が1首ずつ選出)

    母の切る前髪左2センチで少し傾く母との時間(2年女子)

<秀作賞>(34首選出)

    赤ちゃんの匂いはなぜか柔らかな気持ちの時間僕にくれるよ(2年男子)

    二十二時野菜炒めは冷めていく母を待っている五月母の日(2年女子)

    田仕事を毎日見てきた登下校稲の高さが僕を越してく(3年男子)

    六月は秒針よりも雨音が早いリズムを刻む教室(3年女子)

    水田がきらりきらりと発射して五月の夕日と立ち止まる場所(1年女子)

<優良賞>(35首選出)

    背番号74のおさがりの練習着着て兄を超えたい(1年男子)

<奨励賞>(47首選出)

    母さんがアルバムめくるページには幼い僕の時間が待ってる(2年男子)

    喉の奥初めて感じた悲しみはジュンが残した生物の価値(1年男子)

    サッカーのネットを揺らした歓声と砂の匂いと青空がいい(1年男子)

    

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog-niigata.net/t/trackback/235858/34083792

全日本学生・ジュニア短歌大会、多くの入賞!(9/16)を参照しているブログ: