« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月15日 (水)

家庭学習の習慣化を(11/13)

今日の全校朝会では校長先生から家庭学習についてのお話がありました。

「今年からSHINKA TIMEをとって、家庭学習の計画を立てています。また、家庭学習時間の統計をずっと取っています。それを集計すると、4,5、6月は順調に家庭学習時間がのびていましたが、9月は減りました。授業でやったことを家庭で復習することで、記憶が強化されます。授業でよく理解しても、復習しないと人間は忘れてしまいます。また、予習も効果があります。次の授業でやるページを読んだり、新出漢字や英単語を調べたりすることで授業がよくわかるようになります。家庭学習の時間は、1年生で70分、2年生で80分、3年生は受験生ですから2時間から3時間は必要です。学習しやすい季節になりましたから、家庭学習をしっかりやっていきましょう」

ご家庭でもご協力をお願いします。

この日は、リレーマラソンや短歌大会、綱引き大会等でたくさん表彰がなされました。

また、生徒会役員選挙の告示がなされました。

Img_3772_1024x768

Img_3773_1024x768

Img_3779_1024x768

Img_4477_1024x768

Img_4483_1024x768

Img_4485_1024x768

宮柊二記念館全国短歌大会表彰式(11/11)

魚沼市堀之内にある宮柊二記念館で、今年度の全国短歌大会表彰式が行われました。

南浜中学校からは6名が入選し、うち4名が表彰式に出席しました。

校長先生と永井先生が同席しました。

4名の生徒は堂々とした態度で表彰を受けました。

Img_9332_1024x683

2017年11月 8日 (水)

新潟水俣病現地学習(11/8)

今日は、2年生が新潟水俣病の現地学習として阿賀町に出かけました。

新潟水俣病訴訟の中心でいらした、坂東弁護士に案内していただきました。

坂東弁護士から泰平橋のふもと、鹿瀬工場、発電所などで説明をお聞きするという、大変貴重な学習の場となりました。

環境と人間のふれあい館の職員の方、新潟日報社、新潟水俣病の教育DVDを制作しているBSN、津川町役場の職員の方も同行なさいました。

11月28日(火)には、熊本県水俣市から加藤タケ子さんらが南浜中学校においでになり、講話をしていただきます。

高名な方々から直接お話をお聞きし、生徒たちの世代がしっかりと水俣病の教訓を受け継いでほしいと願っています。

Img_9160_1024x683

Img_9169_683x1024

Img_9194_1024x683

Img_9218_1024x683

Img_9228_1024x683

Img_9240_1024x683

Img_9243_1024x683

Img_9270_1024x683

Img_9277_1024x683

テスト前質問教室(11/7)

9日、10日と後期中間テストが行われます。

それに先だって質問教室や3年英語のアフタースクールが行われました。

わからないところを先生に質問したり、友だちどうしで教え合ったりしてテストに備えました。

Img_3738_1024x768

Img_3739_1024x768

秋の避難訓練(11/7)

今回の避難訓練は、「ミサイル」「火災」でした。

特に「ミサイル通過」は、これまで想定しなかった訓練でした。

昼休み時間帯に実施したので、生徒たちはそれぞれ自分で判断して、安全と思われるところ(机の下、ガラスから離れたところ)に避難しました。

その後、火災訓練に移行しました。

今回も見守りボランティアさんにおいでいただき、大変ありがたかったです。

Img_3727_1024x768

Img_3734_1024x768

2017年11月 7日 (火)

民生委員学校訪問(11/6)

民生委員・主任児童委員の皆様が学校訪問に来られました。

授業を参観なさったあと、校長・教頭・地域教育コーディネーターを交え、情報交換を行いました。

いじめや不登校、SNSの問題などについて熱心に協議しました。

今後も何かとお世話になります。

Img_3725

2017年11月 1日 (水)

映画「みんなの学校」上映(11/1)

今日は、ドキュメンタリー映画「みんなの学校」の上映をしました。

5年目になるこの事業は、南浜コミ教教育文化部の支援があって実現してきました。

今日上映した「みんなの学校」は、シネ・ウインドで2015年に2週間上映され、その年のトップ5に入るほどの観客動員数だったということです。

障がいのある子ども、ない子どもが一緒に学ぶことによって、どちらも大きく成長したという内容でした。

「中学校に入ると、このようなことはできなくなる」という言葉が映画の中にあり、考えさせられました。

映画のあと、シネ・ウインドの井上支配人から「みんなの学校」について講話がありました。

「映画は、人それぞれ心に残る場面が違う。それがいい」

「十代は吸収力が大きい。十代のうちに映画や本に親しんでいろいろなことを吸収してほしい」

など印象深い話をしていただきました。

Img_3689

Img_3692

Img_3695

Img_3698_1024x768

Img_3702_1024x768

Img_3710_1024x768

Img_3720_1024x768

技術・家庭科ボランティア(10/31)

1年技術の木工で、学習支援ボランティアの玉井さんにおいでいただきました。

畑の先生でもある玉井さんは、生徒たちとも親しく、スムーズに学習を進めることができました。

また、2年生の家庭科では、「アジフライ」をしました。

昨年度の「アジのたたき」からワンランク・アップしました。

今年も南浜漁協の方々においでいただき、アジを開くところから教えていただきました。

アジが開ければ、他のたいていの魚はさばけます。

浜っ子のたしなみの一つとして身につけてほしい技能です。

Img_3652_1024x767

Img_3656_1024x768

Img_3661_1024x768

Img_3662_1024x768

Img_3663_1024x768

Img_3665_1024x768

Img_3674_1024x768

Img_3676_1024x768

Img_3679_1024x768

Dscf5278_1024x768

Cimg5660_1024x768

Cimg5666_1024x768