カテゴリ「生活」の記事 Feed

2017年4月19日 (水)

前庭の桜が花をつけました

創立70周年記念事業として整備した校門付近前庭に植えた桜が花をつけました。陽光という種類の八重桜でソメイヨシノより色が濃くて華やかな感じです。学校の歩みとともに大きく成長し、たくさんの花をつけて私たちを和ませてくれることでしょう。

Img_5446_2

Img_5447_2

Img_5448

2017年4月14日 (金)

これはなんでしょう?(4/14)

70周年で整備した学校の前庭、そこに登場したこの覆いはなんだと思いますか?

Img_0423 

これは、鈴木用務員さんの手作りです。中をのぞいてみると・・・

Img_0424 

雪割草の覆いでした。

地域の渡辺さんから地植えしていただきました。

ほどよい日陰になりました。

2017年4月10日 (月)

花の季節がやってきました

Img_5083

Img_5079

昨年の4月にいただいた校長室の胡蝶蘭が花をつけました。生徒玄関には環境委員会がビオラを植えてくれました。グラウンドの桜ももう少しです。花の季節がやってきました。

Img_0613_2

Img_0617_2

ランチ初日(4/10)

新入生にとって初めてのランチ。

小学校の給食とは勝手が違ってとまどった表情でしたが、指示に従ってスムーズに受け取ることができました。

先輩たちと一緒に楽しく食べました。

Img_0391

Img_0389

2017年2月20日 (月)

全校朝会(2/20)

今朝の全校朝会では、先日行われた綱引き大会の表彰がありました。

校長先生から「日頃お世話になっている地域を盛り上げるために、こうした貢献活動に積極的に取り組んでいこう」というお話がありました。

また、「新学習指導要領では2030年の社会を見据えている。皆さんも時にはそうした先の社会を見つめてどう生きるかを考えてほしい。2030年は、AI(人工知能)が広く行き渡っている時代になっているだろうが、どんな世の中になっても、自分から学ぼう、伸びようとする人はやっていける」というお話がありました。

Img_9933_1024x589

Img_9934_1024x458

2017年2月 6日 (月)

優秀献立を表彰(2/6)

今日の全校朝会で、ランチメニューの献立作りで、市の「優秀賞」を受賞した5人グループが表彰されました。 

その後、校長先生から「自分の現在の生活をよく見直そう。悪い癖や習慣があったら、直すよう努力しよう。新しい習慣が身につくまで3ヶ月かかるといわれている。今の南浜中学校の課題は家庭学習の習慣が身についていない人が多いことだ。これから3ヶ月、家庭学習の習慣化を図ろう。そうすれば、新年度、よいスタートが切れる。3年生は、あと1ヶ月少し、1・2年生にどのような姿を見せて卒業するのか、よく考えること。それが真の『卒業プロジェクト』だ」というお話がありました。

Img_1706_1024x496

Img_9695_1024x640

2017年2月 4日 (土)

節分豆まき(2/3)

続きを読む »

2017年1月10日 (火)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

例年より少し長い冬休みを終え、1月10日朝、元気な顔がそろいました。

校長先生から「今年は酉年。酉という字は、元々壺に入ったお酒が熟成するという意味です。今年が皆さんにとって熟成の年になるよう願っています。そのためには、『なりたい自分』をはっきりさせ、その達成のために『いま取り組むべきこと』を明確にし、努力を続けることが必要です。これはメンタルトレーニングともいわれ、オリンピックで日本人がよい結果を出せるようになった要因ともいわれています」との年頭の講話がありました。

3年生は進路決定が目前です。

今日のお話を忘れず、自分の希望する進路を実現してほしいと思っています。

Img_9129

Img_9135

Img_9137

Img_9138

2016年12月22日 (木)

ライン、SNSの適切な利用について指導(12/22)

明日からの冬休みです。

全校集会で、校長先生は後期前半の生徒のがんばりについて褒め、表彰しました。

Img_8970_1024x768

Img_8968_1024x768

Img_8986_1024x768

続いて「いじめ」についてお話しました。

いじめは法律で禁止されているもので、生徒が想像している以上に世の中のいじめに対する目は厳しくなっていること。

今やいじめの「傍観者」は存在せず、「加害者」か「被害者」であること。

ラインやSNSで誰かが悪口を書き込んでいるのを黙ってみていたら「加害者」と同じ。そんな危ないライン仲間からは抜けること。「受信責任」という言葉もある。

自分で悪口を書いてしまったという人は、今日家に帰ったらすぐに削除すること。

また、生徒指導主事の南先生も同様にネットの危険性について指導し、安易な気持ちで動画などをアップしないよう注意をうながしました。

加えて、各クラスでも1時間時間をとって、情報教育をしました。

ネットやラインの利用では、その人の良心、良識、人間性が問われます。

正しい知識を得て、ネット社会を賢く生きてほしいと願っています。

保護者の皆様のご協力をお願いします。ご心配なことがありましたら学校にお知らせください。

2016年12月20日 (火)

いじめ防止のための職員研修(12/15)

いじめ防止について職員研修を行いました。

地域教育コーディネーターさんや用務員さん、図書館司書さんにも参加していただきました。

講師として、元寄居中学校長で指導主事経験が豊富でおられる関根廣志先生においでいただきました。

教師は、生徒の普段と違った様子や表情に敏感に気づくようでなければならないこと。

そのためには普段の様子をよく見ていなければならないこと。

最近のいじめは、無視をしたり意地悪したりというような「発覚しやすいいじめ」ではなく、「空気によるいじめ」をすることがあること。

そのため単に「いじめをするな」というだけでは不十分で、「友だちを一人にしない」「困っていたら助ける」という積極的な行動を生徒に課すべきであること。

「よさを認め合う」ことはとても大切だが、上から目線で「あの人もがんばってるよね」というような「よさ」では意味がなく、認めにくいことだが「自分より優れている点」を素直に認めること。

そういうことができているクラス、学校にはいじめは存在しないこと。

・・・・・・・・

いじめで泣く生徒が南浜中学校から一人も出ないよう、職員一同、決意を新たにした研修でした。

Img_8916

Img_8930